夢の中でバカになって [ Mèng Zhōng Zuò Hān Rén (夢中作憨人) ]

Japanisch Übersetzung

夢の中でバカになって

空いっぱいのトンボが、夢の中で田んぼの畦をとびこえる。
そんな夢を見て、なぜだか初恋の気分。
牽牛と織姫は、毎年決まった時に逢い、そして引き裂かれる運命。
 
青い海、白い砂、声も無く二人の足跡が寄り添いながら続く。
風が歌っている。雲がついてくる。
どうして二人は手をつなぐ勇気が無かったのだろう。
 
あなたを思う夜、ぼんやりしていたらふいに寂しさが強くなったけど、
故郷の月も希望を与えてはくれない。
一人ぼっちで冷たい雨の中、花は香りを失い、取り戻すことはできない。
 
あなたを思う夜、夢から覚めればなにもかもむなしくて、目の周りが真っ赤になってしまった。
私はやっぱりあなたを忘れられない。
私は一人残されて、あの恋の歌を歌い続けている。
天の星もバカな私を笑っている。
 
若者よ、青春はやがて終わり、ひげもすぐに白くなってしまう。
注意していないとチャンスは通り過ぎてしまう。
気付いてない?人生のチャンスは2度と来ない。
 
月と供に夢を見よう。
 
Von こらぴし am Mi, 13/06/2012 - 14:48 eingetragen
Chinesisch

Mèng Zhōng Zuò Hān Rén (夢中作憨人)

滿天的田蠳 飛過夢中田埂墘 夢彼段 初戀滋味
牛郎甲織女每一年 相逢也有時 你甲我注定分離
青色海岸 白色的沙 兩雙腳印無聲惦惦走相偎
風底唱歌 雲來作伴 你我哪會無牽手的勇氣
 

Mehr

Weitere Übersetzungen von "Mèng Zhōng Zuò Hān Rén (夢中作憨人)"
Chinesisch → Japanisch - こらぴし
Kommentare