Francesco Gabbani - Occidentali's Karma (Japanese translation)

Japanese translation

西洋人のカルマ

Versions: #1#2#3
生きるべきか、ただ生きていればいいのか
新石器時代の人間と同じ
現代人のハムレット的疑問
2x3メートルの檻の中で快適にするのだ
カフェにいる知識人たち
インターネット学者たち
匿名の自撮り教徒の集まりでの名誉会員たち
インテリなんか時代遅れ
答えなんか簡単だし
ジレンマなど不要だ
 
探すのだ
大団円で終わる物語を
期待するのだ
何が起ころうと 万物は流転するのだから
雨が降っても唄うのさ
 
リフレイン:
涅槃の教え
そこには仏陀が一列に連なり
各人に自由と栄光の時間がある
群集はマントラを叫び
進歩はよろめき歩き
裸の猿は踊る
西洋人のカルマ
西洋人のカルマ
裸の猿は踊る
西洋人のカルマ
 
シャネルの雫が降り注ぐ
無菌の体に
自分が属する種別の匂いから自分を守るのだ
知ったかぶりはインターネットのおかげ
民衆のコカイン
貧民の麻薬
 
探すのだ
仮想現実における人間性を
セックス・アピールを
何が起ころうと、万物は流転するのだから
雨が降っても唄うのさ
 
リフレイン:
涅槃の教え
そこには仏陀が一列に連なり
各人に自由と栄光の時間がある
群集は呪文を叫び
進歩はよろめき歩き
裸の猿は踊る
西洋人のカルマ
西洋人のカルマ
裸の猿は踊る
西洋人のカルマ
 
人生が散漫になる時
人類は落下する
西洋人のカルマ
西洋人のカルマ
猿は再び立ち上がる
ナマステ、おう!
 
リフレイン:
涅槃の教え
そこでは仏陀が一列に連なり
各人に自由と栄光の時間がある
群集は呪文を叫び
進歩はよろめき歩き
裸の猿は踊る
西洋人のカルマ
西洋人のカルマ
裸の猿は踊る
西洋人のカルマ
 
Submitted by KOS JP on Fri, 03/03/2017 - 22:03
Last edited by KOS JP on Fri, 31/03/2017 - 20:59
Author's comments:

2017年サンレモ音楽祭でフランチェスコ・ガッバーニが唄い優勝。同年5月ウクライナはキエフで開催されるユーロヴィジョンでイタリアを代表。

古代の万物流転の哲学から現代の映画『雨に唄えば』まで西洋人は進化を続け、インターネット開発に至り誰もが簡単に知識・快楽・交友を楽しむ時代になった。しかし仏陀の悟りを得たと思ったら自由と栄光を享受した人類は散漫になり、退化し、裸の猿に成り果てたのだ。これが西洋人のカルマなのだ。
といった内容の唄。

Italian

Occidentali's Karma

Please help to translate "Occidentali's Karma"
Francesco Gabbani: Top 3
See also
Comments