私は思い出す

français

Je Me Souviens

Des fleurs de lys blanches sous un ciel bleu de cristal
Des balades sous une neige en forme d’étoile
Des érables aux couleurs d’une passion fatale
Je n’oublie rien de rien,
Je me souviens
Les odeurs d’une forêt qu’un beau lac dévoile
Les reflets d’un grand feu sur nos visages pâles
Une lumière intense par des nuits boréales
Je n’oublie rien de rien,
Je me souviens
J’aime tes poèmes, ton coeur, ta liberté
Tu es la seule terre où
Mon âme s’est posée
Un accent dont personne ne connaît les secrets
Un français qui s’élance dans des mots oubliés
Une manière inimitable de chanter
Je n’oublie rien de rien,
Je me souviens
J’aime tes blasphèmes, ta foi, ta dignité
Tu es comme une île
Que l’on ne peut pas quitter
J’aime tes poèmes, ton coeur, ta liberté
Tu es comme une île
Que l’on ne veut pas quitter
Des paysages qui mélangent au plus que parfait
Des dessins que la nature ne refait jamais
L’impression d’être entrée au jardin de la paix
Je n’oublie rien de rien
Et je reviens

Voir la vidéo
 Essayer d'aligner
japonais

私は思い出す

(水晶のように)澄んだ青空の下のユリの白い花々を
星の形をした雪が(降る)なかの散歩を
(落ち葉となって)散る情熱の色のモミジを
私は(それら)すべてを何一つ忘れない
私は思い出す

美しい湖から(靄が)晴れていく森の香りを
私たちの薄暗い顔を照らした大きな焚き火(の明かり)を
北風の夜の(雷の)強い光を
私は(それら)すべてを何一つ忘れない
私は思い出す

私は好き。あなた(フランス)の詩が、あなたの心が、あなたの自由が
あなた(フランス)は、唯一の土地だ
私の心が落ち着くのは(フランスだけなのだ)

(フランス人は)誰もその(微妙な語調のしくみの)不思議を知らない(のに話している)。その(独特のものであるフランス語の)アクセントで
フランス語とは、(古代にさかのぼる)忘れられた言葉のなかに、そびえ立つ(まさに唯一のものである)
その歌の歌い方は(フランス人以外に)真似することができないものである
私は(それら)すべてを何一つ忘れない
私は思い出す

私は好き。あなた(フランス語)の罵る言葉が、あなたの信仰が、あなたの誇りが
あなたは(独自性をもつ一つの別天地である)島のようだ
私たち(の心)が(その島を)離れることはありえない

私は好き、あなた(フランス)の詩が、あなたの心が、あなたの自由が
あなたは島のようだ
私たち(の心)は望みはしない。(その島を)離れることを

完全を越えた(美しさで)混ざり合った(それらの)風景を
自然(界)が決して再び作ることはない(それらの)構図を
静かな庭園からもたらされる印象を
私は(それら)すべてを何一つ忘れない
そして私は(フランスにいつか)再び来るのだ

Publié par kubeseba le Mer, 30/03/2011 - 11:25
Commentaires de l'auteur(e) :

2 remerciements
Des invités ont remercié 2 fois
0
Note : Aucun(e)
Commentaires