私のフランス

Francia

Ma France à moi

Ma France à moi elle parle fort, elle vit à bout de rêves,
Elle vit en groupe, parle de bled et déteste les règles,
Elle sèche les cours, le plus souvent pour ne rien foutre,
Elle joue au foot sous le soleil souvent du Coca dans la gourde,
C'est le hip-hop qui la fait danser sur les pistes,
Parfois elle kiffe un peu d'rock, ouais, si la mélodie est triste,
Elle fume des clopes et un peu d'****, mais jamais de drogues dures,
Héroïne, cocaïne et crack égal ordures,
Souvent en guerre contre les administrations,
Leur BEP mécanique ne permettront pas d'être patron,
Alors elle se démène et vend de la merde à des bourges,
Mais la merde ça ramène à la mère un peu de bouffe, ouais.
Parce que la famille c'est l'amour et que l'amour se fait rare
Elle se bat tant bien que mal pour les mettre à l'écart,
Elle a des valeurs, des principes et des codes,
Elle se couche à l'heure du coq, car elle passe toutes ses nuits au phone.
Elle paraît feignante mais dans le fond, elle perd pas d'temps,
Certains la craignent car les médias s'acharnent à faire d'elle un cancre,
Et si ma France à moi se valorise c'est bien sûr pour mieux régner,
Elle s'intériorise et s'interdit de saigner. Non...

{Refrain: x2}
C'est pas ma France à moi cette France profonde
Celle qui nous fout la honte et aimerait que l'on plonge
Ma France à moi ne vit pas dans l'mensonge
Avec le coeur et la rage, à la lumière, pas dans l'ombre

Ma France à moi elle parle en SMS, travaille par MSN,
Se réconcilie en mail et se rencontre en MMS,
Elle se déplace en skate, en scoot ou en bolide,
Basile Boli est un mythe et Zinedine son synonyme.
Elle, y faut pas croire qu'on la déteste mais elle nous ment,
Car nos parents travaillent depuis vingt ans pour le même montant,
Elle nous a donné des ailes mais le ciel est V.I.P.,
Peu importe ce qu'ils disent elle sait gérer une entreprise.
Elle vit à l'heure américaine, KFC, MTV Base
Foot Locker, Mac Do et 50 Cent.
Elle, c'est des p'tits mecs qui jouent au basket à pas d'heure,
Qui rêvent d'être Tony Parker sur le parquet des Spurs,
Elle, c'est des p'tites femmes qui se débrouillent entre l'amour,
les cours et les embrouilles,
Qui écoutent du Raï, RnB et du Zouk.
Ma France à moi se mélange, ouais, c'est un arc-en-ciel,
Elle te dérange, je le sais, car elle ne te veut pas pour modèle.

{au Refrain, x2}

Ma France à moi elle a des halls et des chambres où elle s'enferme,
Elle est drôle et Jamel Debbouze pourrait être son frère,
Elle repeint les murs et les trains parce qu'ils sont ternes
Elle se plaît à foutre la merde car on la pousse à ne rien faire.
Elle a besoin de sport et de danse pour évacuer,
Elle va au bout de ses folies au risque de se tuer,
Mais ma France à moi elle vit, au moins elle l'ouvre, au moins elle rit,
Et refuse de se soumettre à cette France qui voudrait qu'on bouge.
Ma France à moi, c'est pas la leur, celle qui vote extrême,
Celle qui bannit les jeunes, anti-rap sur la FM,
Celle qui s'croit au Texas, celle qui a peur de nos bandes,
Celle qui vénère Sarko, intolérante et gênante.
Celle qui regarde Julie Lescaut et regrette le temps des Choristes,
Qui laisse crever les pauvres, et met ses propres parents à l'hospice,
Non, ma France à moi c'est pas la leur qui fête le Beaujolais,
Et qui prétend s'être fait baiser par l'arrivée des immigrés,
Celle qui pue le racisme mais qui fait semblant d'être ouverte,
Cette France hypocrite qui est peut-être sous ma fenêtre,
Celle qui pense que la police a toujours bien fait son travail,
Celle qui se gratte les couilles à table en regardant Laurent Gerra,
Non, c'est pas ma France à moi, cette France profonde
Alors peut-être qu'on dérange mais nos valeurs vaincront
Et si on est des citoyens, alors aux armes la jeunesse,
Ma France à moi leur tiendra tête, jusqu'à ce qu'ils nous respectent.

Try to align
Japán

私のフランス

私のフランスは大声で話す、夢の端っこで生きている。
それは、集団で生活し、お国言葉を話し、規則が大嫌いだ。
それは、たいていの場合何をするとはなしに、授業をさぼる。
それは、よく水筒のなかにコーラを入れて太陽のもとでサッカーをする。
それを道の上で踊らせるのは、ヒップ・ホップだ。
それは、時にはちょっとだけロックを楽しむ。うん、もしメロディーが悲しければ。
それは、だばこや少量の大麻を吸うが、強い薬物は決してやらない。
ヘロイン、コカイン、クラックは汚物に等しい。
しばしば、行政と戦争をする。
彼らのBEP(職業教育修了証)では、経営者にはなれない。
そこで、それは暴れまわる、糞をブルジョワに売りつける。
でもね、糞は母親に少しの食べ物をもたらすんだ。
なぜだって、家族とは愛であり、愛とは貴重なものだから。
それは、彼らを遠ざけようとなんとかして戦う。
それは、自身の価値基準と原理原則と規律典拠を持っている。
それは、鶏の目覚める時間に眠りにつく。なぜなら、一晩中電話しているから。
それは、怠け者のように見えるけれど、大本では、時間を失ってはいない。
それを怖がる人もいる。なぜならメディアはそれを劣等生にしようと夢中になっているから。
そして、私のフランスが自分自身の価値を高めようとするのは、もちろんもっと力を持ちたいからだ。
それは、自分を自分のものにする、自分が傷つくのを禁止する。そう...

私のフランスは、あのディープなフランスはではない、
私たちを恥じ入らせ、人が身投げするのを喜ぶ。
私のフランスは、嘘で塗り固めた物ではない。
光の中、真心と怒りと共にあって、闇の中にあるのではない。

リフレイン(×2)

私のフランスはSMS(「ケータイ・メール」はないのでSMSが利用される)で話し、MSNで働く。
メールで仲直りし、MMSで出会う。
スケートボード、スクータ、レーシングカーで移動する。
バジール・ボリ(コートジボワール出身のサッカー選手)は神話であり、ジネディーヌ(ジネディーヌ・ジダン、アルジェリア移民二世のサッカー選手)もそれと同じだ。
この点では、私たちのフランスが嫌われていると思う必要はないが、それは嘘をついている。
なぜなら、私たちの両親は20年来同じ額の賃金で働き続けているからだ。
それは、私たちに翼を与えるが、天上にはV.I.P.がいる。
V.I.P.たちが言うことなどどうでもよく、私たちのフランスは十分に企業を経営することができる。
それは、アメリカが支配する時代に良く適応し、KFC、MTV、野球、サーカー、ロック、マクドに50セント(自販機のコーヒーの値段か?)で生きている。
私のフランス、それは時間ぎめでバスケット・ボールをプレーする普通の男たちだ。
彼は、トニー・パーカー(フランスの黒人プロバスケットボール選手)になってスパーズ(テキサス州サン アントニオに本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム)のコートでプレーするのを夢見て いる。
私のフランス、それは、恋愛と学業とごたごたとの間をうまく切り抜けている普通の女たちだ。
彼女たちは、ライ(アルジェリアのポピュラー音楽)、リズム・アンド・ブルース、ズック(アンチル諸島 起源のリズムのはっきりした曲)を聞く。
私のフランスは混じり合う。うん、それは虹だ。
それは、お前をかき乱す。わかっている。なぜならそれはお前をモデルにしちゃいないから。

リフレイン×2

私のフランスには、立てこもる広間や寝室がある。
それは愉快で、ジャメル・ドゥブーズ(モロッコ系のお笑い芸人)は兄弟かもしれない。
それは壁や列車の色を塗り直す。なぜならくすんでいるから。
それは騒ぎを起こすのが好きだ。なぜなら何もしないように押し込められるから。
立ち退かせるのには、スポーツやダンスが必要だ。
それは狂気の限界まで行って自殺する危険すらある。
でも、私のフランスは生きている、少なくともそれを開く、少なくとも笑っている。
そして、そこをどけと言うあのフランスに服従するのを拒む。
私のフランスは、彼らのフランスではない。極右に投票するフランスではない。
若者を追い払う、反ラップを掲げるFMラジオのフランスではない。
テキサスで増殖するフランス、我々のグループを恐れるフランスではない。
サルコ(サルコジ大統領)を崇める、不寛容で困り者のフランスではない。
『ジュリー・レスコー』(女性警視を主人公にした人気のテレビドラマ)を観て、『コーラス』(少年聖歌隊を主人公にしたヒット映画)の時代を懐かしむフランスではない。
貧しい人たちを殺し、自分の親をホスピスに入れるようなフランスではない。
そうじゃない。私のフランスは、ボージョレを祝う彼らのフランスではない。
移民がやってきたことでやられたと言い張っているフランスではない。
人種差別主義の悪臭を放ちながら、開放的であるかのようにふるまっているフランスではない。
この偽善者の、多分私の窓の下に広がっているフランスではない。
警察はいつもいい仕事をしていると思っているようなフランスではない。
ローラン・ジェラ(お笑い芸人)を観ながら、食卓で股を掻いているフランスではない。
そうじゃない。このディープなフランスは、私のフランスではない。
そういうわけで、邪魔かもしれないが、私たちの価値観は勝利するだろう。
そこで、もし市民なら、武器を持て、若者たちよ。
私のフランスは彼らに反抗するだろう。彼らが私たちを尊重するまでは。

Kűldve: jnakao Szombat, 09/04/2011 - 16:03
Szerző észrevételei:

ひとまず直訳。

thanked 3 times
Guests thanked 3 times
5
Értékelésed: Nincs Átlag: 5 (1 szavazz)
More translations of "Ma France à moi"
Francia → Japán - jnakao
5
FelhasználóPosted ago
kubeseba3 év 1 hét
5
Hozzászólások
kubeseba     április 10th, 2011

すごいなあ!!と感心するばかりです。

maëlstrom     április 10th, 2011

僕も、すばらしい翻訳だと思います Smile