Liedtext: 真赤な太陽 (Makkana Taiyou)

A A

真赤な太陽

まっかに燃えた太陽だから
真夏の海は恋の季節なの
渚をはしるふたりの髪に
せつなくなびく甘い潮風よ
はげしい愛に灼けた素肌は
燃えるこころ恋のときめき
忘れず残すため
まっかに燃えた太陽だから
真夏の海は恋の季節なの
 
いつかは沈む太陽だから
涙にぬれた恋の季節なの
渚に消えたふたりの恋に
砕ける波が白く目にしみる
くちづけかわし永遠を誓った
愛の孤独海にながして
はげしく身をまかす
いつかは沈む太陽だから
涙にぬれた恋の季節なの
(恋の季節なの)
恋の季節なの
(恋の季節なの)
恋の季節なの
 
Danke!
Von tonio-tonio- am Do, 02/12/2010 - 15:36 eingetragen
Zuletzt von Diazepan MedinaDiazepan Medina am Mo, 15/02/2021 - 18:38 bearbeitet

 

Übersetzungen von „真赤な太陽 (Makkana ...“
Hibari Misora: Top 3
Kommentare
Read about music throughout history