Werbung

Yumi Matsutōya - Cobalt Hour

A A

Cobalt Hour

夜の都会を さあ飛び越えて
1960年へ
バックミラーに吸い込まれてく
ちりばめられた 光の中へ
 
港へ続く高速道路
空を流れるミルキィウェイさ
海の匂いの冷い風が
白いベレG包みはじめる
 
夜明けの金星 消えゆく空はコバルト
真夏の棧橋 彼方に浮かぶ朝焼け
 
あなたは昔 SHONAN-BOY
わたしは昔 YOKOSUKA-GIRL
なつかしすぎる海が見えたら
二人の胸によみがえる恋
 
夜明けの金星 消えゆく空はコバルト
真夏の棧橋 彼方に浮かぶ朝焼け
彼方に浮かぶ朝焼け
 
Danke!
Von Diazepan MedinaDiazepan Medina am Mo, 17/08/2020 - 00:01 eingetragen
Zuletzt von Diazepan MedinaDiazepan Medina am Mo, 09/11/2020 - 14:15 bearbeitet

 

Kommentare
Read about music throughout history