Russia is waging a disgraceful war on Ukraine. Stand With Ukraine!

Master of the heavenly yard (Master of the heavenly Yard) lyrics

A A

Master of the heavenly yard

[1.エピローグ]
 
僕らはいつでも
間違いだらけだった
この千年の時で
 
「もしも」の願いが
叶うことはもうない
罰は下された
 
幾億の魂たちよ
幾億の悪意たちよ
 
不幸な結末は誰かのせいなのか?
そう考えてる奴らは皆「くそったれ」さ
 
僕らは結局
何かを残したのか?
この千年の旅で
 
答えはきっと
いつまでも出ないから
君に会いに行くよ
 
[2.大罪狩り]
 
滅びた世界の中心
荒野に浮かぶ映画館
死せる魂が集いて
黒き箱を崇めている
 
館の主 庭師の男
魂たちに指令を下す
世界を救うためには
為さねばならぬことがある
 
悪魔に魅入られた魂を滅ぼせ
全ての元凶「大罪契約者」を殺せ
 
動き出す魂の従者
「大罪狩り」が今 始まった
 
[3.王女の旅立ち]
 
王女の前には
眠りこける家臣たち
それは誰かからの「gift」
彼女を守れる者は
もういない
迫りくる庭師の軍勢
 
白き馬に乗って現れた修道女
王女を助け出し
新たな旅へ
 
もう待っているだけのは
たくさんなの
守られてばかりは嫌だ
自分自身で
全てを成し遂げたら
胸を張って
君に会いに行くよ
 
[4.英雄たち]
 
「悪とは一体何なのか?」
七つの罪 背負いし者
世界と共に滅んだはず
されども まだ
生きている
罪は決して許されぬのか?
声をあげる者がいた
庭師の野望を止めるため
英雄も平民も
幻の剣をとる
 
正義も悪も
全てを唄に変えよう
罰はすでに下されたのだから
過ちを二度と
繰り返さぬよう
今こそ我々は戦おう
 
[5.BLACKBOX]
 
禁じられた黒き箱
今開かれる
その力は神の浄化
あるいは初期化
 
人の魂など所詮は
データーの一部に過ぎない
黒き箱のぜんまいは周り
全てを溶かし尽くしてゆく
 
その渦に逆らう事は出来ぬ
あれは神の定めしプログラム
それを止めることができるのも
神以外にはいないのだから
 
この世でたった一人だけ
生き続けていた
彼女の銃から放たれた
金色の銃弾
 
空に舞う黒き花火を
見つめ続けながら
誰の事を想うのか
古き神々の時代が
終わりを告げ
そして
また時が動き出す
 
[6.Not Eve]
 
これは終焉の物語
何から語りましょうか?
 
私の名前は……
私の名前は……
私の名前は……
私の名前は……
 
……誰?
 
[7.狂想の終わり]
 
辿り着いた映画館
王女にとってそこは
黒幕の住む場所
そしてかつての故郷
 
庭師などしょせん傀儡
真に倒すべき敵は
人形に宿りし者
箱庭の少女
 
ああ歯車よ 何故に
お前は彼女を守るのか
その女はお前の
想い人ではないというのに
 
邪魔するというなら
温情などかけぬぞ
我は傲慢な王女
悪ノ娘なのだから
 
ついにその時はやってきた
終わりを告げる鐘がなる
あれは心音の時計塔 罪を刻む針
いかなる者であろうとも
私に逆らうなら 粛清してしまえ
 
「さあ、ひざまずきなさい!」
 
[8.再会]
 
僕らはいつでも
間違いだらけだった
この千年の時で
 
君にずっと会いたいと思ってた
そう 君の名は……
 
[9.純粋なる悪]
 
王女を探し求めた少年
その姉の中に彼女はいた
真の純粋な存在 目指して
七つの悪魔 取り込んだ魔女
 
消滅の直前 人形は
魔女の意思を蘇らせた
黒き箱に飲み込まれながら
庭師は最後にこう叫んだ
 
世界を救いたくばその娘を殺せ
魔女と同化した悪ノ娘を殺せ
 
迫られる最後の決断
少年よ どちらを選ぶのか
 
[10.少年の選択]
 
「悪とは一体なのか?」
誰かの言葉
人は誰しも欲深いもの
 
僕だってそれは
同じだから
君と世界 どちらも
手に入れる!
 
[11.Re_birthday Truth]
 
強き決意が気まぐれな
奇跡をもたらした
君の手から落ちた小さな小瓶
書かれていたメッセージ
『必ず助けなさい』
君らしいやと小さく笑う
 
大丈夫 僕は君を
絶対に守るから
世界はもはや僕らの敵じゃない
さあ共に手を取り
真に進もう
新たな世界と
君の為に
 
ほら
空を見てごらん
世界は
月に映る鏡
その先で
こちらを見ている
あなたが
今 目を覚ます時
 
[12.プロローグ]
 
Thanks!
Submitted by Luis Silva AvlisLuis Silva Avlis on Sun, 16/01/2022 - 19:12

 

Comments
Luis Silva AvlisLuis Silva Avlis    Sun, 16/01/2022 - 22:52

The written text featured at the video is posted as below:

E.C. 1000
World is Dead
but...

第一章
[1.エピローグ]

世界は滅びた
しかしまだ…
「悪」の因果は終わらない

CAST
アレン=アヴァドニア
リリアンヌ=ルシフェン=ドートゥリッシュ
ネメシス=スドウ
ガモン=オクト
ガレリアン=マーロン
カヨ=スドウ
サテリアジス=ヴェノマニア
眠らせ姫
クラリス
ジェルメイヌ
アルス
ミカエラ
グーミリア
アダム
イブ
レオンハルト
マリアム
ユキナ
シャルテット
リリィ
カイル
キール
アンネ
トニー
ガスト
リッチ
アルテ
ポロ
ガクシャ
イヌキチ
サルテイト
キジ
ブルーノ
シロ
グミナ
カスパル

「来たか……我が同胞たちよ」
「あれは……そんな! どうしてあれがここに!?」
「あの軍服に刻まれた紋様……」
「ガモン――やはり彼は、あの映画館にいた」
「我々の魂は天に召されることなく、この地上を彷徨っている」
「――『悪』の心が、世を不幸にする」
「この箱と、諸君たちの志によって『悪』の魂を浄化する!」
「滅するべき『悪』は――たった五人だけでいい」
「ネメシス=スドウ。世界を破壊した張本人だ。」
「生きた身体であっても魂に干渉できますし、その逆もしかり」

第二章
[2.大罪狩り]

「ルシフェニアに向かいましょう」
「晩餐会を開いているようです。幻の宮殿の中で」
「――パーティよ!」
「――そうね。久しぶりに会いたい顔がないわけじゃない」
「……魂が、疲れる事なんてあるのかしら?」
「これは、一体……」
「ねえシャルテット、起きて……起きなさい!起きろーーーーーー!」
「――タサン・エルフェゴートの兵隊ね」
「どうやら、王女はずいぶんと物知りなようですな」
「名前も当てて差し上げましょうか?……トニー=オーズディン将軍」

楽しそうな、皆の笑顔。
皆の幸せ
……どうしてあの時、それをもっと大事にできなかったのだろう。
まだ、彼は来ていない。

第三章
[3.王女の旅立ち]

「どこへ向かっているの?」
「……大地神・ミカエラの元へ」
「……『罰』の破壊の後、再生した物は他にも存在するわ」
「大罪の器」
「やっぱり私、王宮に戻る」
「それは駄目よ!」
「……大事な人を失うのは、もう、嫌なのよ!」
「おお、目を覚ました者がいたか」
「僕の名はアルス。かつてルシフェニア王国を治めていた男だ」
「! これは失礼いたしました!」
「私は――レオンハルト=アヴァドニアの娘、ジェルメイヌと申します」

第四章
[4.英雄たち]

「全軍――突撃!」
「畜生! やっぱり王宮に引っ込んでいればよい!」
「今どきの若い子は根性がたりないのよ」
「うおりゃあ!」
「そろそろ、平和ボケも解消できた頃だ」
「大変ッス! 左手から新たな軍勢が――」
「ここからは――私一人で行く」
「いえ、あれは……フフッ。遅刻よ――『アスモディンの悪魔』」
「さて、上手くいくかどうか」
「ガスト=ヴェノムと、その傭兵団のようね」
「カイル―」
「野郎ども、仕事の時間だぁ!」
「撃てーーー!」
「オオオォ!!」
「――いくら撃たんでも無謀だったな、赤鎧の女検士」
「しまった!」
「撃てい!」
「ふう……相変わらず無茶をするね、ジェルメイヌ」
「――それはお互い様よ、アレン!」
「お、おい!見ろ――なんだ、あれは!」
「く、黒い箱が……空を飛んでいる?」
「――来たか」

第五章
[5.BLACKBOX]

Blackbox Type X> format EVIL

>カイル・マーロンの初期化を開始しました
>ヤレラの初期化を開始しました
>ザスコの初期化を開始しました
>フィリップ・ヨンバの初期化を開始しました
>ハイル・ゴーンの初期化を開始しました
>シック・ロックの初期化を開始しました
>オイゲンの初期化を開始しました
>セーブ・ナナンの初期化を開始しました
>シェリー・ハッチの初期化を開始しました
>ミナージュ・ル・コルビジュの初期化を開始しました
>シャレテット・ラングレーの初期化を開始しました
>ギャストン・ムーシェの初期化を開始しました
>ナイナイ・キューズの初期化を開始しました
>ジョルジュ・オースディンの初期化を開始しました
>エインの初期化を開始しました
>トニー・オースディンの初期化を開始しました
>ジュード・テーンの初期化を開始しました
>ガスト・ヴェノムの初期化を開始しました
>バニ・カサマノの初期化を開始しました
>デバン・ガナクテの初期化を開始しました
>カノジョハ・タイソウの初期化を開始しました
>オイカリ・ノヨウデスの初期化を開始しました
>カノジョノ・カツヤクの初期化を開始しました
>ミタイノ・ナラバの初期化を開始しました
>ショウセツ・ヨンデネの初期化を開始しました

行方不明の姉を探すため、
旅を続けるアレン。

一方、ミカエラと再会したリリアンヌの前に
突如として冥界の主が現れる。

彼女と共にリリアンヌは
冥界へと赴き……

…そこで、自分とは別の
「大罪契約者」達と出会うのだった…

「アイシテイルワ、アダム」
「私は誰?」
「こんな暗い夜には コワイ熊が出るから」
「私は誰?」
「もう この子たちはイラナイ」
「私は誰?」
「王子様は、私を幸せにしてくれるはずだから」
「私は誰?」
「花は綺麗でなくてはならない」
「私は誰?」
「この私に、盗めない物なんてないわ!……たぶんね」
「私は誰?」
「あなたの事を、愛してる」
「私は誰?」
「今日も眠れません」
「私は誰?」
「異人は愛し合っちゃいけないって言うの?」
「私は誰?」
「しょうがないよね、パパは立派な裁判官だもの」
「私は誰?」

第六章
[6.Not Eve]

「あ、あんた……首藤過世!」
「どこに行くつもり?」
「私はあなたよりずっと強い」
「――だから、私もついていってあげる」
「私も行くぞ!」
「ヴェノマニア公…」
「困っている女性を助ける――男として、当然だろう?」
「別に困ってないわ」
「これで三人。賑やかな旅になりそうね」
「――で、燐ちゃん。目的地はどこ?」

第七章
[7.狂想の終わり]

第八章
[8.再会]

みんな、消えちゃった
のみこまれたんだ

あのお姉ちゃんに

私は最初から、何者でもなかった。
私は私自身の存在を証明しなければならない。
目的論的に。
本体論的に。
宇宙論的に。
道徳論的に。
私は『純粋なる存在』を目指す。
全ては無に帰るだろうが、それは私の知る所ではない。
私の苦しむを。今度はお前たちが味わうといい。

第九章
[9.純粋なる悪]

第十章
[10.少年の選択]

第十一章
[11.Re_birthday Truth]

歌いましょう
みんなで!

この声が聞こえるかい?

世界中の魂達が歌っているんだ。

リリアンヌの為に。

そして、自分達の使命を
思い出したかのように。

もうすぐ全てが終わる。

物語が。
あるいは夢が。

その後はどうなるかって?

そんなのは神様にだってわからないよ。

でも、まあ多分…

きっと、始まるんじゃないかな。

誰も結末を知らない…

君の物語。

その、プロローグが。

第十二章
[12.プロローグ]

「おはよう、ママ」
「あら……今日はずいぶん早いじゃない」
「うん、ちょっと…ね」
「たまには早起きもいいかと思って」
「―いってきます!」

やっと、会えたね!

そして
「千年の物語」から
「10分の恋」へ…

Read about music throughout history