Advertisements

Hiromi Ōta - 赤いハイヒール (Akai haihi-ru)

A A

赤いハイヒール

ねえ友達なら聞いて下さる
ねえ友達なら聞いて下さる
淋しがりやの うちあけ話
 
東京駅についたその日は
私おさげの少女だったの
胸ポケットにふくらむ夢で
私買ったの赤いハイヒール
そばかすお嬢さん 故郷(ふるさと)なまりが
それから君を無口にしたね
アラン・ドロンとぼくを比べて
陽気に笑う君が好きだよ
 
マニキュアの指 タイプライター
ひとつ打つたび夢なくしたわ
石ころだらけ私の青春
かかとのとれた赤いハイヒール
そばかすお嬢さん ぼくの愛した
澄んだ瞳は何処に消えたの?
明日はきっと君をさらって
ふるさと行きの切符を買うよ
 
おとぎ話の人魚姫はね
死ぬまで踊るあゝ赤い靴
いちどはいたらもう止まらない
誰か救けて赤いハイヒール
そばかすお嬢さん ぼくと帰ろう
緑の草原裸足になろうよ
曲りくねった二人の愛も
倖せそれでつかめるだろう
 
そばかすお嬢さん ぼくと帰ろう
緑の草原裸足になろうよ
曲りくねった二人の愛も
倖せそれでつかめるだろう
 
Thanks!
Submitted by Diazepan MedinaDiazepan Medina on Thu, 22/04/2021 - 21:09

 

Comments
Read about music throughout history