Junketsu no Maria: Sorcière de gré, pucelle de force (OST) - Philosophy of Dear World

Advertisements
Japanese

Philosophy of Dear World

私は愛を知った 
 
偏見の群れが走る夜 
月も心も 満ちては欠けゆく 
誰かの使命と私の正義が 
ジレンマに捲かれた 
 
幾百年歩き続け 
足下の花にも 気付けずにいて 
差し込んだ輪郭 それはあなたの光 
 
途絶えない衝動を 天に向けて叫び続けた 
理が世を総べる世界で 私は愛を知った 
あなたの生きる明日のために 
二人で愚か者になろう 
ここは神の箱庭じゃないから 
 
欲望が槍を向け合う夜 
鳩が空気をざわめつかせるわ 
「信じなきゃ やってらんないの」 
自分の正しさに縋るように 
 
見守ったり 諦めたり 
助けたり ただ祈ったり 
全てが愛の形ならば 
選ぶ 私の道を 
 
遥か彼方へ歌う純粋さを 悪と呼ぶのか 
見たこともない 導きもない 
神よ、神よと うるさいわ 
隣にある幸せ その結晶を 
いま見つけに行こう 
ここは人が求める世界だから 
 
私はこの不完全な世界が愛しいの 
あなたのいる世界を好きなだけ
 
Submitted by Zarina01 on Sat, 20/10/2018 - 23:42
Thanks!

 

Advertisements
Video
Comments