La guerra di Piero (Japanese translation)

Advertisements
Japanese translation

ピエロの戦争

麦畑に埋もれて眠れ
バラではなくチューリップでもなく
君と一緒に溝の陰から立ち上がる
たくさんの赤いケシが
 
「私の流れの岸に沿って
銀の槍の下を流したい
もう兵士の身体はたくさんだ
痛みとともに運ばれてくる」
 
君はそう言った それは冬だった
他のみんなと同じ 地獄へと
君は悲しく向かった そうするしかなかった
風が顔に雪を吹き付ける
 
止まれピエロ 今すぐ止まれ
風が君の身体を通り過ぎるままに
闘いの中で死んだ者の声をもたらす
生き残った者は代わりに十字架を背負った
 
でも君はそれを聞かず 時は過ぎた
季節とともに気持ちよく
君は国境まで来た
春のいい天気の日に
 
魂を肩にのせて歩いていた時
君は谷底に1人の男を見た
君と同じような雰囲気の男を
でも征服の色は違っていた
 
撃てピエロ 今すぐ撃て
一度撃った後 もう一度撃て
彼が血に染まるのを見るまで
大地に倒れ血におおわれるまで
 
「もし僕があいつの額か心臓を撃ったら
あいつはただ死ぬだけだ
でも僕にはそれを見る時間がある
死ぬ男の目を見る時間が」
 
君がこの痛みを彼に与えた時
彼は君の方を向いて君を見て怖くなる
そして銃を肩に載せ
君に好意を返してはくれない
 
君は泣き声もたてずに大地に倒れる
そしてすぐにわかる
君にとって時間が十分でないと
罪への許しを得るには
 
君は泣き声もたてずに大地に倒れる
そしてすぐにわかる
君の命はその日に終わると
もう戻れないと
 
「ぼくのニネッタ 僕は5月に死ぬ
とても勇気が必要だ
美しいニネッタ まっすぐに地獄へ
できれば冬に行きたかった」
 
麦は君の言葉を聞いているから
君は手にライフルを持ち
口に入れると言葉が固まる
太陽で溶けるには凍りすぎている
 
麦畑に埋もれて眠れ
バラではなくチューリップでもなく
君と一緒に溝の陰から立ち上がる
たくさんの赤いケシが
 
Submitted by M Naomi on Tue, 10/05/2016 - 09:44
Last edited by M Naomi on Tue, 31/05/2016 - 23:58
Italian

La guerra di Piero

Comments