夜と月とそれから星 (Yoru to tsuki to sore kara hoshi) lyrics

A A

夜と月とそれから星

君と僕は太陽と月みたいに
一人でも生きていけるような顔で
空に浮かぶけど
本当は夜と月のように
君の中でしか光れないほど
僕には本当は何もないのさ
 
たとえ二人寄り添える時間が
少なくたって その分だけ 大事に光れるから
 
誰かの真似じゃなく そのままの二人でいたい
君の広い腕の中で 初めて泣けたから
君が朝焼けを忘れてしまったなら
僕と共に 見えない星の渦に染まろう
 
強がりと優しさが混ざり合って溶け出す頃
雲がかかって よく君が見えなくなった
いつかね その時に そんな言葉が増えていって
でも君は 僕との未来を願っていたんだね
 
鮮やかに彩る夜の海で
すっかり僕は 息継ぎさえ 忘れて泳いでいた
 
君が 本当の君を初めて知れた時
一番星が落ちてきたって 悲しそうに笑ったから
僕は雲を越え 君の夜を照らすためならば
今度はおとなしく 君の星になる
 
僕もそう思ったよ 言えるはずもないけど
もう知ってるよ 君の優しさは
作ったもんじゃない ずっとそうしてきたこと
 
消えない思い出は もう沢山散らばっている
古くなっても見えるように 変わらずここで光るから
君が朝焼けを忘れてしまったなら
僕と共に 見えない星の渦に染まろう
 
Thanks!
thanked 3 times
Submitted by Ilham Al BasithIlham Al Basith on Thu, 10/12/2020 - 05:37

 

Translations of "夜と月とそれから星 (Yoru to ..."
Please help to translate "夜と月とそれから星"
Idioms from "夜と月とそれから星"
Comments
Read about music throughout history