Russia is waging a disgraceful war on Ukraine.     Stand With Ukraine!

詩生活 (Shiseikatsu) lyrics

  • Artist: Mako Ishino (石野真子)
  • Album: Hohoemi (1978)
  • Translations: English
Proofreading requested
A A

詩生活

いつの間にか夏が来ました
ガラス窓で光が踊ります
肌を出した人は無邪気に
恋歌歌う踊り子みたいです
 
でも私はなぜか寒いのです
夢から覚めた時のように
悲しみを教られ詩を書きはじめた
そんな季節の迷い子です
 
あなたのせいですね
あなたがいないからですね
あなたのせいですね
あなたがいないからですね
 
使いかけの禿びた口紅で
私の胸を塗りたくなりました
赤くなれば恋を信じて
楽しく弾みはじめてくれるでしょう
 
でも私はとても寒いのです
体に熱を持ったように
思い出を背負わされ振り向きはじめた
そんな気分の毎日です
 
あなたのせいですね
あなたがいないからですね
あなたのせいですね
あなたがいないからですね
 
あなたのせいですね
あなたがいないからですね
あなたのせいですね
あなたがいないからですね
 
Thanks!
Submitted by Diazepan MedinaDiazepan Medina on Sat, 22/05/2021 - 19:04
The submitter of the song requested proofreading.
It means that the lyrics may not be accurate.
If you are proficient in the language of the song, you are welcome to leave your comments.

 

Comments
Read about music throughout history