プラットホーム (Purattohoomu)

A A

プラットホーム

忘れないで ねえ いつか
帰ってくるよ 必ず また 会えるように
 
さよならの瞬間に
全部気づいたんだ
強がりな君の声
震えてた
はぐれないようにぎゅっと
重ねた手のひら
痛いほど握った
 
迫る電車の
軋む車輪
鳴り響くベル
プラットホーム
時間が止まれば
本気でそう願った
 
また会いに来るよ
最後にそう言えなかった
必死にこらえた
涙が全部溢れそうで
 
さよならは まだ言わない
またこの場所で待ち合わせ
指切りしよう
忘れないで ねえいつか
帰ってくるよ
必ずまた会えるように
 
始まりの瞬間は
いつも突然で
気まぐれな一言が
嬉しかった
 
ほつれかけをギュッと
結んでくれたのは
君の優しさだった
 
ひとりぼっちの帰り道
平気だってずっと塞ぎ込んで
オレンジに染まる坂道駆け上がった
決められたレールを
飛び出す勇気がなかった
泣き虫な僕も
あの日からちょっと大人になった
 
憧れは気が付けば
想い描いてたのとは
違ったけど
宝石みたいに光る
宝物のような日々に変わっていく
 
何回も時計を見上げて
ため息がこぼれる
無言のままで
響くベルの音
あの日のメロディー
頭でずっと流れてる
 
さよならは まだ 言わない
またこの場所で待ち合わせ
指切りしよう
忘れないで ねえ いつか
帰ってくるよ
必ずまた会える
 
閉まるドア 離れた手
プラットホームに
響く発車のベル
涙はこらえたままで
帰ってくるよ
必ずまたここに
鼻歌唄いながら
 
English

 

Login or register to post translation
Comments