意気地ナシ卒業 (Ikujinashi Sotsugyou) lyrics

A A

意気地ナシ卒業

空を飛んでく飛行機を
指で作った四国で囲んで
あなたは草に寝ころび
輝く目で明日を語るの
 
夢ばかり追いかけてさ
隣の私を置いて
いつくは離れても平気なの?
言わない代わりに
シャツの裾つかんだ
 
大人になって別々の
未来歩いても
この瞬間を忘れたくはない
「ずっと一緒にいられないの?」
聞けば負けたみたいで素直になれない
ばれないようにため息
 
風の日のバス停で
卒業までを指で数えて
見慣れた通学路も
愛しく見えて急に寂しい
 
夢のように振り返ってさ
いつかはあの人のことも
思い出にしてしまって
平気なの?私は私に
嫌だよってつぶやいた
 
答えを知ることが怖くて 
いつもなくしてから泣いた
意気地なしは卒業
バスを降りてから走ったよ
会えなくなりそうで心止まらない
 
大人になって別々の
未来歩いても
この瞬間を忘れたくはない 
「ずっと一緒にいられないの?」
聞けば負けたみたいで素直になれない
ばれないようにため息
 
二人乗りの自転車で 
坂道を大声ではしゃいで
「好きだよ」って叫んでも
向かい風が強くて消されたんだ
 
Thanks!
thanked 1 time
Submitted by fukkun daisukifukkun daisuki on Fri, 11/10/2019 - 13:33
Submitter's comments:

Lyrics transcribed and provided by 純音(じゅのん) @kact_kacty from Twitter.
ありがとうございます!

 

Translations of "意気地ナシ卒業 (Ikujinashi ..."
Sayonara Ponytail: Top 3
Comments
Read about music throughout history