Advertisements

Soma Saito - carpool

Japanese/Romanization
A A

carpool

まだ暗いうちにこっそり
待ち合わせて 海へ行こう
ぼくら いつか遺した
悪い秘密の日記を持って
 
サイダーみたいな空気で
満たされている 朝の中
眠たそうに前を向いた
きみの眼はなにを見ていたんだい
 
運転席はいつだって
きみだけの専用席で
オープンカーに飛び乗って
海沿い だらり 走る
隣の席はいつだって
ぼくだけの特等席で
 
いつのことだっけな
 
あのころのきみには
はやすぎて 追いつけないや
ガラスの瞳で
ぼくを見て 迷子みたいで
 
数年先はいつだって
空想の話みたいで
数分あとのことだって
わかっちゃいなかったんだな
冷たいだけの質量が
残酷にぼくに告げる
 
夢じゃないんだってさ
 
届かない
どうして?
 
さざなみのあいだから
きみが呼んでいる
うたかたの日々はさ
ぼくらだけのものだよ
 
水平線の先なんて
知りたくもなかったよ
運命なんて捨てよう、って
あのとき 言えなかったな
 
運転席はいつだって
ぼくだけの専用席で
オープンカーに飛び乗って
海沿い ひとり 走る
隣の席はいつだって
きみだけに空けてあるよ
 
すぐ追いつくから
その場所で待ってて
 
Thanks!
Submitted by PinkullitoPinkullito on Wed, 13/01/2021 - 19:14

 

Comments
Read about music throughout history