Russia is waging a disgraceful war on Ukraine.     Stand With Ukraine!

Summer again (Summer again) (English translation)

  • Artist: Atarayo (あたらよ)
  • Song: Summer again (Summer again)
  • Translations: English, Spanish

Summer again

梅雨明けの空滲む街
窓から透ける街灯は
まるで月明かりのように
僕らを照らす
 
欠けた夜空に散らかった
喧騒に紛れる星はまるで
僕らのようさ
自分を隠してる
 
泣くのはもうやめにするんだ
ここからは一人歩くんだ
君以外の誰かをまた愛せるように
 
ほらずっと
僕らはきっとどこかでいつも
何かを間違えていたんだね
それでも変われない君を取り残して
いつしか僕だけ変わっていたんだ
 
ほら気づけばもう
また夏を追う
 
いえない傷が増えていく
取り繕うだけの僕らの日々は
あまりに脆く崩れていった
 
「変わったね」と君は言うけど
変わらなければもっと早く
終わっていた
それさえ知らないんだろ
 
泣くのはもうやめにするんだ
泣かない君が泣いたから
これじゃまるで僕の方が悪者みたいだ
 
でもきっと
君から見た僕はずっと
遠くを歩いていたんだね
だからもう変われない君を取り残して
いつしか僕だけ変わっていたんだ
 
ほら気づけばもう
また夏を追う
 
未練も後悔も
全部捨ててしまえたらいっそ
楽になれるだろうに
出来やしないんだ
街中に溢れてる
君の影を見る度
また泣いてしまうんだ
 
泣くのはもうやめにするんだ
ここからは一人歩くんだ
君以外の誰かをまた愛せるように
 
Submitted by Alejandro BarbosaAlejandro Barbosa on 2022-09-25
Last edited by Moshe KayeMoshe Kaye on 2022-10-18
English translationEnglish
Align paragraphs

Chasing summer again

In the city where the sky blurs at the end of the rainy season
The streetlight that shines through the window
Just like the moonlight
Illuminates us
 
Scattered in the broken night sky
The stars that get lost in the hustle and bustle
are just like us
hiding themselves
 
I'm going to stop crying
from now on I'll walk alone
So that I can love again but someone else
 
Look, for a long time
always somewhere we must
Have done some kind of mistake
And so, I left you who can't change
So, before I knew it, only I had changed
 
See? before I knew it
I was chasing summer again
 
The incurable wounds were increasing
We spent our days just patching things up
We were too fragile and crumbled
 
You blamed it on me that I had changed
But maybe if I hadn’t changed, much sooner
Would we have been over
you don't even know that
 
I'm going to stop crying
I won't cry because you cried
It's like I'm the bad guy here
 
But I assure you
From my point of view
You were walking further away
That's why I left you who can't change anymore
So, before I knew it, only I had changed
 
See? before I knew it
I was chasing summer again
 
My inexperience and my regrets
If only I could throw all that away
I’d be at ease
But I can't do it
Because the city is overflowing
With your shadow and I see it every time
Which makes me cry again
 
I'm going to stop crying
From now on I'll walk alone
So that I can love again but someone else
 
Thanks!
Submitted by AJlik3sTranslationsAJlik3sTranslations on 2022-09-26
Comments
AJlik3sTranslationsAJlik3sTranslations    Mon, 26/09/2022 - 06:10

梅雨明けの空滲む街
窓から透ける街灯は
まるで月明かりのように
僕らを照らす

欠けた夜空に散らかった
喧騒に紛れる星はまるで
僕らのようさ
自分を隠してる

泣くのはもうやめにするんだ
ここからは一人歩くんだ
君以外の誰かをまた愛せるように

ほらずっと
僕らはきっとどこかでいつも
何かを間違えていたんだね
それでも変われない君を取り残して
いつしか僕だけ変わっていたんだ

ほら気づけばもう
また夏を追う

いえない傷が増えていく
取り繕うだけの僕らの日々は
あまりに脆く崩れていった

「変わったね」と君は言うけど
変わらなければもっと早く
終わっていた
それさえ知らないんだろ

泣くのはもうやめにするんだ
泣かない君が泣いたから
これじゃまるで僕の方が悪者みたいだ

でもきっと
君から見た僕はずっと
遠くを歩いていたんだね
だからもう変われない君を取り残して
いつしか僕だけ変わっていたんだ

ほら気づけばもう
また夏を追う

未練も後悔も
全部捨ててしまえたらいっそ
楽になれるだろうに
出来やしないんだ
街中に溢れてる
君の影を見る度
また泣いてしまうんだ

泣くのはもうやめにするんだ
ここからは一人歩くんだ
君以外の誰かをまた愛せるように

Read about music throughout history