Russia is waging a disgraceful war on Ukraine. Stand With Ukraine!

海のステーション (Umi no Sutēshon) lyrics

  • Artist: Yoko Minamino (南野陽子)
  • Album: VIRGINAL (1986)
  • Translations: Transliteration
A A

海のステーション

誰もいない 冬の砂浜
海側のホームから 見おろしてる君
通過電車 通り過ぎたら
潮騒にまた二人 包みこまれてく
 
つきなみな言葉に
二人の愛 鎖されたね
今は若すぎるって・・・
 
僕たち このまま どこまで
流されていったら
本当の愛だと 誰かが
認めてくれるのだろう
あぁ どこまで・・・ねぇ 僕たち・・・
 
靄る(けむる)海に
ふりだした粉雪(ゆき)
手のひらに舞い落ちて
そっと溶けていった
錆びた船は引き潮の跡
夏の残像 それさえも
うばいとってゆく
 
つきなみな言葉で
君の心 傷つけたね
出逢い 早すぎたねと・・・
 
僕たち ここから どこまで
ひき返して行けば
こんなに いとしい想いを
消してしまえるのだろう
あぁ どこまで・・・ねぇ 僕たち・・・
 
Thanks!
Submitted by Thiago777Thiago777 on Thu, 23/06/2022 - 16:12
Submitter's comments:

Lyrics: Taguchi Shun (田口俊)
Music: Masayuki Kishi (岸正之)
Arrangement: Hagita Mitsuo (萩田光雄)
VIRGINAL
01/11/1986

 

Comments
Read about music throughout history