ベストフレンド (Best Friend)

A A

ベストフレンド

春の風と夏の空 秋の景色も冬の寒さも
同じ時を刻んでく 大切な日々 Best Friend
ありがとう
 
朝日が照らしてた 開いた画面の中
不器用な一言で 励ましてくれたよな
 
変わらない景色の中で 時間を忘れ語り合ったり
自分が自分でいられたのは お前とだからだよ
 
ずっと何年先もきっと 変わらずに仲間だから
ああ、まだ、道は長いけれど
いつか何年先かきっと たどり着く夢の場所へ
たとえ離れていても ほら、思いはひとつだよ
 
まだ小さな蕾だとしても 枯れないように負けないように
光となり雨となり 咲き誇らせてみせるよ
 
夢の種 また新たな門出に立つときは
風となり どこまで運んでゆくよ
 
ずっと何年先もきっと 変わらずに仲間だから
ああ、まだ、道は長いけれど
いつか何年先かきっと たどり着く夢の場所へ
たとえ離れていても ほら、思いはひとつだよ
 
何度ダメで 何度倒れ 何度うまくいかなくても
何度だって 立ち上がって 力あわせていけるだろう
嬉しいとき(悔しいとき) 悲しいとき(楽しいとき)
その全て分け合えるのが仲間だから
決して揺らぐことのない絆をかかげて
 
晴れ渡るこの空の真下 希望に溢れる明日
さあ、いま、信じて飛び出そう
ずっと何年先もきっと 変わらずに仲間だから
ああ、まだ、道は長いけれど
いつか何年先かきっと たどり着く夢の場所へ
たとえ離れていても ほら、思いはひとつだよ
 
春の風と夏の空 秋の景色も冬の寒さも
同じ時を刻んでる 掛け替えのない
毎日にありがとう
 
Español

 

Login or register to post translation
Comentarios