تبلیغات

Reiou Tsuchida - 朱殷ノ獄門 (Shuan no gokumon)

A A

朱殷ノ獄門

ひとつ、想うは貴方一人
ふたつ、また会う日を楽しみに
悪夢の記憶を断ち切るように
あの日のままの 占いごっこ
 
朱い華弁(はなびら) ちぎっては投げ
裂ける舌(ぜつ)、体(たい) 返り血浴びて
咲かる炎の火の粉のごとく
恨みはらさでおくべきか
 
悲願を刻んだ打ち掛け羽織(はお)つて
そこのけそこのけ 雀が通る
魑魅魍魎(ちみもうりょう)を両手に携え(たずさえ)
竹藪(たけやぶ)焼くのは 悲願華(ひがんばな)
 
執念(しゅうねん)燃やすは藁人形
四十九日(しじゅうくにち)も通い続けた
大きな葛篭(つづら)の在処(ありか)を示し
今 清聴せよ 恨み譜(うた)
 
かごめ かごめ かごの中の姉雀
うしろの 正面に
 
今は昔 風に揺れた華弁(はなびら)
ただひたすらに 恋しい影 背中を追った
輪廻の 華言葉に 誓おう
地の果てまでも 響かせる 呪詛(こえ)
 
(セリフ)
清聴せよ! 己(おの)が影に憑(とらわ)れた諸君に告ぐ
ここに掲げる 宣戦布告は 戯言(たわごと)にあらず
積年(せきねん)に募(つの)りし 怨毒(えんどく)の念は
彼の者(かのもの)の 臓物(はらわた)をもって
贖罪(しょくざい)と成すのである
さがせ。
縛れ。
五寸(ごすん)の詛(のろい)を 打ちつけよ
生きたまま 叫喚(きょうかん)の苦しみを
刻み込んでくれよう
仮令(たとえ)この喉 裂けようとも
必ずや… 必ずやこの手で
復讐の 共闘戦線(きょうとうせんせん)を成し遂げ
阿鼻無間(あびむかん)の 傀儡(かいらい)地獄へと
引きずり堕とし
手向けの華を
鬼哭啾啾(きこくしゅうしゅう)の赤蝕(せきしょく)をもって
凶(まが)つ浮世(うきよ)を 染めあげるのだ
 
あの日 いつつのお祝いに 穿(は)いた袴と細い指
蝶々結びが美しく 解(ほど)くのがなぜか嫌だった
賽(さい)の河原の 白昼夢(はくちゅうむ)
名を呼ぶ声 谺(こだま)して
眼舞(めま)う視界 捕(と)らう間に
あの人の 仇(かたき) 討(う)つと 決めた
かごめ かごめ 葛篭(つづら)の中 夜雀(よるすずめ)
うしろに 正面に
 
今は昔 手を引かれた温もり
儚さ残す 優しい笑(え)み 映畫(きねま)のように
幻灯機(ふぃるむ)を 幾度(いくど)も巻き戻して
常世(とこよ)の果てへ 届かせる 泪(なみだ)
朱く染まった 月は満ちて 今こそ さぁ 償いの刻(とき)
怨嗟(えんさ)の 雀が嘆(なげ)く 呪詛(こえ)
 
ひとつ、斬り裂くは貴方のため
ふたつ、拉(ひし)ぐは 修羅(しゅら)の妄執(もうしゅう)
魑魅魍魎(ちみもうりょう)を両手に携(たずさ)え
仇(かたき)を討(う)つのは 悲願華(ひがんばな)
 
تشکر!
ارسال‌شده توسط Zarya MoonwolfZarya Moonwolf در تاریخ دوشنبه, 30/03/2020 - 18:13

 

ترجمه‌های "朱殷ノ獄門 (Shuan no ..."
Reiou Tsuchida: سه مورد برتر
لطفاً برای ترجمۀ "朱殷ノ獄門" کمک کنید
دیدگاه‌ها
Read about music throughout history