ゆびさき (Yu bisaki)

A A

ゆびさき

小さな胸の海鳴り 短く雨降る土曜日
歓びを結ぶのはあなたを知ることなのでしょう
 
羽より軽い寝息でオリオンの氷は溶けてく
さよならや悲しみもあなたを知り色を変える
 
街は白い影 早起きの踏切を抜けていけば
淡い歩道 続くのはきっと優しさの扉
 
今確かに触れるたびに
すぐどこかへ行けるような
そんな思いで指の先触れる
そんな思いで胸の音聞かせて
 
溶かした光が巡りいつかあなたを連れてきた
明日のパンを買ったら水溜りはよけて帰ろう
 
少し頼りないそのままで毎日を数えていた
君とただ出会えた奇跡を僕ら繋げてく
 
今確かに触れるたびに
すぐどこかへ行けるような
そんな思いで指の先触れる
そんな思いで胸の音聴かせて
 
いつか一人濡れ歩いて
蒔いた種は街を巡り
大きなその手が触れる時
 
祈ってるよ いつもいつも
 
今確かに触れるたびに
すぐどこかへ行けるような
そんな思いで指の先触れる
そんな思いで胸の音響かせて
 
今確かに触れるたびに
風の中も飛べるような
そんな思いで指の先触れる
そんな思いで胸の音聞かせて
 
انگلیسی

 

برای ارسال ترجمه وارد شوید یا نام‌نویسی
دیدگاه‌ها