FuwariP - Yume no Katachi (ゆめのかたち)

Reklám
Japán/Romanization
A A

Yume no Katachi (ゆめのかたち)

それから ながれるかぜは
またいくつかの そらを
どこかへ とどけてゆく
ちいさな こいしをひとつ つれて
よるの すきまをかけてゆく
 
くるまの とおりすぎてく
しゃどうのむかう さきを
ぼんやり ながめていた
がいろじゅのそよぐ かげが
ぽつり ぽつり
かれはを おとしてく
 
くつあとののこる さかみちを
あおいひかりがそっと のぼってゆく
 
すれちがう かえりを
みまもるように
 
しゅうでんのあいずが
よるを うたっていた
 
えがいた きょうのかたちは
きょうにであえた そらを
おもいを つつんでゆく
 
えだにとまった ことりが
しろい つきを
せなかによせ ねむる
 
かがんだ ふゆは
あたらしい あかりをうけ
まちは ぎんいろにかがやいた
 
はれた そらのした
ぼくは いきをはいて
てのひらの なかで
くもを うかべる
 
せーので とばした ひこうきが
きょうしつを ぬけてった
あのひのように
ゆうひを うけて
ひこうきぐも ふたつ
 
たしかなスピードで
くもまに ぬけてった
 
えがいた あすのかたちは
あすをのぞんだ そらを
おもいを とどけてゆく
かわにゆらぐ あわい ひが
こがねいろに
けしきを そめてゆく
 
とおいこえが きこえる
あのひの ぼくらのこえ
すすみかたも しらずに
それでも わらっていた
セピアに かわりかけた
なかまたちの えがおは
おれまがった しゃしんに
かがやきつづけている
つきは ゆうひをみおくって
あかりのいろを こくしてく
まちに ひがともりはじめる
まいあがる すなぼこりが
まちの ひかりあびて
またたく ほしたちと
きらめいた
 
ながれぼし ひとつ
くもを まわって
あすを こえてゆく
とわに とわに
ちいさかった てのひらを ぼくは
ひろげた ひろげた
また あるきだせるように
 
えがいた ゆめのかたちは
こころにかいた そらを
あしたへ きざんでゆく
ときが けしきを かえても
まちは
きょうも
うごきつづける
いくつも
いくつも
いくつもの ゆめをのせて
 
かたちを つなぎあわせて
のぞみをうんで それは
また かたちへと かわる
えがかれた きょうを あすを
ゆめと よんで
きぼうと よんで
ほら あさひがのぼりはじめる
あらたな ひは
ずっと そうずっと
せかいを まわしつづけている
たなびく くものすきまから
あかりが きょうも
ひとすじ さしこんだ
 
Kűldve: ImvisibleImvisible Péntek, 23/03/2018 - 18:44
Köszönet

 

Reklám
Videó
Hozzászólások