Russia is waging a disgraceful war on Ukraine. Stand With Ukraine!

水手 (shuǐ shǒu) (日本語 の翻訳)

水手

苦涩的沙 吹痛脸庞的感觉
像父亲的责骂 母亲的哭泣 永远难忘记
年少的我 喜欢一个人在海边
卷起裤管 光着脚丫 踩在沙滩上
 
总是幻想海洋的尽头有另一个世界
总是以为勇敢的水手是真正的男儿
总是一副弱不禁风孬种的样子
在受人欺负的时候总是听见水手说
 
他说 风雨中 这点痛算什么
擦干泪 不要怕 至少我们还有梦
他说 风雨中 这点痛算什么
擦干泪 不要问 为什么
 
长大以后 为了理想而努力
渐渐的忽略了父亲 母亲和故乡的消息
如今的我 生活就像在演戏
说著言不由衷的话 戴着伪善的面具
 
总是拿着微不足道的成就来骗自己
总是莫名奇妙感到一阵的空虚
总是靠一点酒精的麻醉才能够睡去
在半睡半醒之间仿佛又听见水手说
 
他说 风雨中 这点痛算什么
擦干泪 不要怕 至少我们还有梦
他说 风雨中 这点痛算什么
擦干泪 不要问 为什么
 
寻寻觅觅寻不到活着的证据
都市的柏油路太硬踩不出足迹
骄傲无知的现代人不知道珍惜
那一片被文明糟踏过的海洋和天地
 
只有远离人群才能找回我自己
在带着咸味的空气中自由的呼吸
耳畔又传来汽笛声和水手的笑语
永远在内心的最深处听见水手说
 
他说 风雨中 这点痛算什么
擦干泪 不要怕 至少我们还有梦
他说 风雨中 这点痛算什么
擦干泪 不要问 为什么
 
  • 糟踏:

    糟蹋

土, 07/10/2017 - 15:00にjhanjhanさんによって投稿されました。
月, 19/04/2021 - 13:44にhankeathankeatさんによって最終編集されました。
日本語 の翻訳日本語
段落の整列

船乗り

苦しい砂が面を吹きさす感じは
永遠に父親の責めと母親の泣きのように忘れられない
幼い頃、僕は海辺に一人で
ズボンを巻いて 裸足で 砂浜を歩くのが好きだった
 
いつも海の果てにいるもう一つの世界を空想していた
いつも勇ましい船乗りが本当の男だと思っていた
いつも風さえも恐れる弱虫のようだった
いじめられる度に、船乗りの言葉が聞こえた
 
「苦難でこの程度の痛みを持つけど大丈夫だ」
「涙を拭え、恐れるな、少なくとも夢はまだあるぞ」
「苦難でこの程度の痛みを持つけど大丈夫だ」
「涙を拭って、なぜだと思うな」
 
育った後、理想の為に努めながら
父母と故郷の沙汰を次第に忘れて行く
今、僕の暮らしはただ芝居だ
偽善の仮面を被って、本心から来なかった言葉を出す
 
常に小さすぎる成果で自分を騙す
常に訳が分からない空虚を感じる
常にアルコールの麻酔でしか眠れない
半ば眠っている間に、また船乗りの言葉が聞こえる
 
「苦難でこの程度の痛みを持つけど大丈夫だ」
「涙を拭え、恐れるな、少なくとも夢はまだあるぞ」
「苦難でこの程度の痛みを持つけど大丈夫だ」
「涙を拭って、なぜだと思うな」
 
探しても 探しても 生きてる証拠が見つからず
硬すぎる都会のアスファルトに足跡を残せない
誇り高く無知な現代人は、文明によって破壊された
海、天、地に感謝することも知らない
 
人混みから離れてのみ自分自身を見つけることが出来る
塩気で自由に呼吸するために
もう一度、蒸気笛と船乗りの笑い声が私の耳に入る
いつも心の奥に船乗りの言葉が響く
 
「苦難でこの程度の痛みを持つけど大丈夫だ」
「涙を拭え、恐れるな、少なくとも夢はまだあるぞ」
「苦難でこの程度の痛みを持つけど大丈夫だ」
「涙を拭って、なぜだと思うな」
 
ありがとう!

By Isaiah Siegfried Chen

火, 24/05/2022 - 14:38にIsaiah ChenIsaiah Chenさんによって投稿されました。
火, 21/06/2022 - 13:30にIsaiah ChenIsaiah Chenさんによって最終編集されました。
コメント
Read about music throughout history