Russia is waging a disgraceful war on Ukraine. Stand With Ukraine!

勿忘草色 (Wasurenagusashoku)の歌詞

  • アーティスト: TaNaBaTa (あにー)
A A

勿忘草色

夏の始まりはいつも淡い光の中で
揺れてるスカートの端がにじんで
跳ねるトビウオに見えた
 
この手で触れたらすぐに消えてしまいそうだから
勿忘草色した思い出を愛の中にとじこめた
 
夢で見てる、それだけでちぎられてしまいそうだった。
悲しそうに震えてる君のその瞳の奥へ
そっと忍び込めたなら二度と帰れなくてもいい
なくならないものばかり集めて
 
誰にも伝えないまま、君にも伝わらぬまま
季節が流れていくスピードで感情がひとつこぼれた
 
この手で触れたらすぐに消えてしまいそうだから
勿忘草色した思い出を愛の中にとじこめた
 
世界中の嘘を見つめてる太陽の下で
ふたりのことだけは見抜かないで
 
白い部屋で紡ぐ遠いあの日の夢景色
永遠を操る君へと歌う
 
夏の始まりはいつも淡い光の中で
揺れてるスカートの端がにじんで
跳ねるトビウオに見えた
 
この手で触れたらすぐに消えてしまいそうだから
勿忘草色した思い出を愛の中にとじこめた
 
愛の中にとじこめた
愛の中にとじこめた
 
ありがとう!
火, 18/01/2022 - 13:26にZarya MoonwolfZarya Moonwolfさんによって投稿されました。

 

勿忘草色 のコレクション
"勿忘草色"の翻訳を手伝ってください。
コメント
Read about music throughout history