DAOKO - Manatsu no cider (真夏のサイダー)

Advertisements
일본어/*로마자 발음
A A

Manatsu no cider (真夏のサイダー)

揺らいだカーテンの隙間から輝いた君の寝顔
天使のチアリング 夕べのシャンプーの香り 風に乗って僕の元へ 不意にお届け
長いまつげにドキドキ 助けて
触れれば割れちゃうシャボン玉のような儚い表情君はする
すぐ触れない感情は愛情に 無邪気ないじわるがなんだか 意識 癖になる いたずらな笑顔で僕を困らせて
いたずらに愛を綴る 7月の学校
 
二人で飲んだサイダーは 甘く 爽やかに 喉を駆けた
首筋伝う汗はまるでダイアモンドみたいで
 
放課後 教室 赤く反射する黒板 焦げて熱くなる
繋いだ手 二人だけの秘密だね
聞こえる吹奏楽部の練習の音 奏でるハーモニーにのせて 僕たちのフィーリン ゆらゆら 揺れている
踊り場で歌う恋の歌 たゆたう 日差しに目が眩む
描くlove 真っ赤なジェラシー燃やして 僕のハートにメガトンパンチ
メガホン片手 小声で愛を叫ぶ 君の微笑む顔を見る度 僕の世界に色がつく
君が泣いてる顔を見る度 僕の世界に雨が降る 触れ合い彩る 君は魔法使い ドキドキしちゃう魔法かけたでしょ?
 
二人で飲んだサイダーは 甘く 爽やかに 喉を駆けた
首筋伝う汗はまるでダイアモンドみたいで
 
屋上に行こう 食堂 行こう 行動始動 早いもん勝ち 駆け上る 階段 息切らし
想像以上に青い空の下 向こうに見える高層ビル群が 人生のガイダンス 語る アイラブ
 
二人で飲んだサイダーは 甘く 爽やかに 喉を駆けた
首筋伝う汗はまるでダイアモンドみたいで
 
放課後 教室 赤く反射する黒板 焦げて熱くなる
繋いだ手 二人だけの秘密だね
 
二人で飲んだサイダーは 甘く 爽やかに 喉を駆けた
 
투고자: lolnopesawaylolnopesaway, 火, 09/08/2016 - 00:34
최종 수정: ImvisibleImvisible, 日, 08/10/2017 - 12:41
고마워요!

 

Advertisements
영상
Translations of "Manatsu no cider ..."
코멘트