Diamonds in The Rough (tłumaczenie na japoński)

angielski
angielski
A A

Diamonds in The Rough

Our time on earth is limited,
Yet we expect to reach our dreams
We all strive to succeed,
 
But our presumption blinds us
 
We are the only thing
That determines if we win
We have to keep pushing and never stop
 
Tomorrow is only fiction
Your actions now will affect your future
Your time is a blessing
Never waste this time you have
Spend your fortune wisely,
While you still can
 
This life is an opportunity
This life is yours for the taking
We're all diamonds in the rough
Dreaming is never enough
 
Act now and chase your destiny,
Before it slips from your reach
No one has forever
Tomorrow is never promised
 
We have all been given a chance to choose our own path
Break down your barricades
 
Tomorrow is only fiction
Your actions now will affect your future
Your time is a blessing
Never waste this time you have
Spend your fortune wisely,
While you still can
While you still can
While you still can
 
Our time on earth is limited,
Yet we expect to reach our dreams
Time stops for no man
Get up and chase your dream now
 
We're all diamonds in the rough
Dreaming is never enough
 
Udostępniono przez Zarya MoonwolfZarya Moonwolf dnia pon., 06/09/2021 - 19:47
tłumaczenie na japońskijapoński
Wyrówna akapity

荒削りのダイヤモンド

私たちの時間は限られている、
私たちは未だに夢を追い掛け
成功のために努力する
 
しかし思い込みが視界を阻む
 
私たちは唯一の存在だ
それが勝ちかどうかを決める
私たちは進み続け、止まっては行けない
 
明日が来るなんて空想だ
今のあなたの行動が 未来に影響を与える
時間というものはめぐみだ
今ある時間を無駄にするな
運というものを賢く使え
出来る間は
 
命はチャンスだ
これはあなたのもの 行動を起こすためのチャンス
私たちはみんな 荒削りのダイヤモンドだ
夢を見続けろ
 
今行動して 夢を追いかけろ
それが逃げていく前に
永遠に生きる人なんていない
明日なんて約束されていない
 
私たちはみんな自分自身の道を選ぶ機会を与えられている
壁を壊せ
 
明日が来るなんて空想だ
今のあなたの行動が 未来に影響を与える
時間というものはめぐみだ
今ある時間を無駄にするな
運というものを賢く使え
出来る間は
出来る間は
出来る間は
 
私たちの時間は限られている、
私たちは未だに夢を追い掛け
成功のために努力する
時間というものは止まらない
起き上がれ 今 夢を追いかけろ
 
私たちはみんな荒削りのダイヤモンドだ
夢を見続けろ
 
Dzięki!
podziękowano 1 raz
Udostępniono przez LeiLei dnia pt., 24/09/2021 - 10:01
Dodane w odpowiedzi na prośbę Zarya MoonwolfZarya Moonwolf
AVIIRA: Najbardziej popularne 3
Moje komentarze
Read about music throughout history