臆病 Love Song (Okubyō Love Song)

A A

臆病 Love Song

想いを馳せて見る くだらない夢を見る
味わった事ないほどにセンチメンタルな気持ちさ
その笑顔は誰の為に その涙は誰のせい
君が奏でてる小さなリズムがぁ 俺の心をかき乱してく
 
わかっていても気付けば
またさまよってる
天使がつけた蜜の味 Addicted to U
いくら時間が経っても解決しそうにない '愛'
またどこかで誰かの子猫になってる
 
あいしてるぜ あいしてるぜ
どこにも行かなくていい
そんな言葉も夜の蜃気楼
君を想い歌ってるだけさ
今日からは俺の女じゃ
そんな言葉も星に溶けてく
 
思いを馳せてみる また君の夢を見る
こんなにも苦しくて切ないのに
幸せな気持ちになってるのさ
 
待てど暮らせど何も起きないわかってる
酒に頼った日に一番カラ回ってる
積もり積もったハートならもう支えきれない
決め台詞を噛みしめて君の元へ
 
あいしてるぜ あいしてるぜ
どこにも行かなくていい
そんな言葉も夜の蜃気楼
君を想い歌ってるだけさ
今日からは俺の女じゃ
強く抱きしめたい
 
こんなにも愛してるのになんで
もっとこっちをみてくれよ baby
今日からは俺の女じゃ
そんな言葉も星に溶けてく
結局ただの臆病な Love Song
 
енглески

 

Login or register to post translation
Коментари