Hiromi Ōta - 青空の翳り (Aozora no kageri)

A A

青空の翳り

哀しみをさりげなく 笑いばなしに
出来る女(ひと)は素敵ね
歓びも おだやかに 飾り立てずに
話す女(ひと)は素敵ね
私も心残り吹き消して
過去にはやさしく手を振るわ
あなたにこだわらず生きてゆく
余裕が生まれて来たけれど
春から夏へ移り行く 空はさわやかすぎて
かえって辛い季節だわ あなたへの想い
私の心のすみずみまで 広がったまま
 
いつでも燃えつきて 精一杯に
生きる女(ひと)は素敵ね
私も青空に負けないで
カラリと心を解き放ち
あなたの手紙やら束ねては
捨て去るつもりでいるけれど
風がさらって行けるほど 軽い恋ではないし
涙で溶かし ぼやけても あなたとの日々は
私の背中のすぐうしろに 広がったまま
 
春から夏へ移り行く 空はさわやかすぎて
かえって辛い季節だわ あなたへの想い
私の心のすみずみまで 広がったまま
 
Teşekkürler!
Diazepan MedinaDiazepan Medina tarafından Perş, 22/04/2021 - 20:10 tarihinde eklendi

 

Yorumlar
Read about music throughout history