自由論 (Jiyūron) şarkı sözleri

A A

自由論

嵐のように降り注ぐ情報に
吹き飛ばされないようにと雨戸を閉めた
過ごしやすい室温の中で小さな世界を
築き上げて触れてきた不満は呟いた
競争したって意味がないって
時代を越えて
隔離された部屋ん中ですべて手にする
 
そうじゃないだろう
それじゃ嫌だろう
 
諦めるな 決めつけるな 限界はない
見てる世界がすべての世界でもない
愛する人にちゃんと見せてやれ
抜け道探しても見せてやれ
この世はそれほど汚れてない
 
おもちゃ箱をひっくり返したみたいにすべて
溢れ返る必要以上の衣食住で泳ぎ
生きてる意味なんて探す迷える子羊が
時代を変える立会人となる日が来るはずさ
昔は違った 私たちの時代の方が
大切なこと溢れてた 今はダメだな
 
踏まれたいのかい
それじゃ嫌だろう
 
振り返るな 時代憂うな 定説はない
積み上げた過去だけが答えでもない
愛する人にちゃんと見せてやれ
自分自身壊しても見せてやれ
 
自由はきっと不自由の中にあるだろう
 
諦めるな 決めつけるな 限界はない
見てる世界がすべての世界でもない
 
振り返るな 時代憂うな 運命はない
生まれ持ったものだけがすべてじゃない
愛する人にちゃんと見せてやれ
自分自身愛してても見せてやれ
 
この世はそれほど汚れてない
 
Teşekkürler!
1 teşekkür aldı
OctobererOctoberer tarafından Cum, 22/10/2021 - 13:23 tarihinde eklendi
Zarya MoonwolfZarya Moonwolf adlı kullanıcının isteğine karşılık olarak eklendi

 

lütfen "自由論" çevirisine yardım edin
"自由論" adlı eserdeki deyimler
Yorumlar
Read about music throughout history